自然観察サークル 4月の活動

4月の自然観察サークル
早春の甘樫丘へ行ってきました。
01.jpg
スズシロソウ

02.jpg
コバノミツバツツジ

03.jpg
ムラサキケマン

04.jpg
シロバナタンポポ

今年は3月ごろの寒さが厳しかったせいか例年に比べ花の咲くのが遅かったような気がします。おかげで4月の中旬なのにもっと早く咲くはずの花をいろいろ見ることができました。
早春の野山を歩いていると遠くからでも目に付くのがコバノミツバツツジの赤紫の花です。甘樫丘にもこのコバノミツバツツジが美しい花を咲かせていました。早春の花は、足元に小さく可憐に咲く花が多いのですが、この花は可憐でしかも遠くからでもよく目につき華やかです。
下の写真がコバノミツバツツジの花です。

05.jpg
この花をよく見ると、雄しべの長いのと短いのが見えると思います。コバノミツバツツジは、雄しべを10個持っています。そして子房には白色の長毛が密生し、萼には白毛があり、花柄には白毛があります。(山溪ハンディ図鑑5より参照。ミツバツツジの仲間は外見は皆同じように見えるので、分布や腺点、毛の有無など細かいポイントを確かめて確認します。)
早春に野山を彩ってくれるこの花、見分けるのには細かい観察が必要なようです。

06.jpg
新緑の林の中を春エアしい柔らかな日差しを受けて、甘樫丘を散策しているところです。
みんなでケヤキの芽吹きを観察しました。

07.jpg
甘樫丘の豊浦展望台ではソメイヨシノの花が満開で、大和三山や三輪山や箸墓まで眺めることができました。
素晴らしい眺望の中、春の花や木々の芽吹きを観察し、春の飛鳥を満喫しました。心癒された一日でした。