野外活動サークル 9月の活動

8月は、恒例により夏休みで活動はなく、久しぶりの活動です。
9月は、「西飛鳥道標めぐり」を実施しました。 
※参考資料は飛鳥考古学図鑑⑩「飛鳥の道標」     

明日香村には、主に江戸時代に建てられた道標が60基確認されています。岡寺(西国三十三所第七番霊場)はじめ古社寺が集まっているので飛鳥に立ち寄り、東へは初瀬を経由して伊勢へ、南は壺坂寺(西国三十三所第六番霊場)を経由して吉野・大峰山上へ、西南は金剛山・高野山へなどの分岐点となったことにより道標が建てられたようです。(一部明日香村史より抜粋) 昨年は、東地区の道標を23基を巡りました。今年は西と南方面の道標を11基を訪ね、道標の文字は読めないものがありましたが「飛鳥の道標」図鑑の行き先補足説明から、この道を通って行ったのかなと少しは江戸時代の旅人になった気分でした。又道中にある古墳や史跡のミニガイドをサークル員より受け飛鳥時代にも触れました。日差しはまだ厳しいでしたが、時より吹くそよ風や栗や柿が実をつけ秋を感じ始めた旅人になりました。

1.jpg
角柱型 下平田国道沿い

2.jpg
常夜灯型 越にて

3.jpg
地蔵型 真弓にて 右は土佐道へ(高取)

4.jpg
角柱型 真弓にて 右は飛鳥病院方面へ

5.jpg
大根田にて、右はキトラ古墳方

6.jpg
栗の実が頭を出していました

7.jpg
葛の花

10月は17期生の案内で、桜井市の「朝倉富士(外鎌山)」登山と飛鳥に関係の深い舒明天皇押坂内陵、大伴皇女押坂内墓、鏡女王押坂墓ほか神護石、石位寺、艸墓古墳、土舞台・安倍山城跡を訪ねる予定です。