野外活動サークル 4月の活動

◎「菅笠日記(本居宣長)」足跡を巡る
◎実施日 平成30年4月13日(金)

明和9年(1772年)4月7日(新暦)、43才の本居宣長は友人など総勢7人と一緒に吉野・飛鳥などを巡りました。1番の目的は吉野の桜を見ることと、日本書紀・古事記・万葉集の裏付けをとることであった。三重県松阪市を出て10日間の紀行を「菅笠日記」という本に纏めています。
今回はその内12日・13日(新暦)の飛鳥地区部分(高松塚古墳~岡寺~飛鳥寺~山田寺跡~阿部文珠院)を、当時と同じ日に巡りました。
01.jpg出発前の準備体操


02.jpg高松塚古墳の説明

03.jpg天武・持統天皇陵(急な登りでお疲れ様)

04.jpg酒船石周辺の説明

05.jpg山田廃寺跡

06.jpg予定時間に無事到着

07.jpg岡寺山門前での集合写真

08.jpg阿部文珠院での集合写真